温泉とソープの旅行|ドキドキ!ソープ旅行のススメ|各地の風俗を遊び歩こう

ドキドキ!ソープ旅行のススメ|各地の風俗を遊び歩こう

本を持っている女性

温泉とソープの旅行

赤いワンピースの女性

滋賀県の雄琴。琵琶湖の北側に位置するこのエリアは、1960年代以降、「ソープの町」として発展してきた歴史を持っています。
日本全国さまざまなエリアにあるソープの町が、たとえば東京の吉原にしろ、神戸市の福原にしろかつて江戸時代や明治時代に遊郭として栄えたあとにできた街であるのに対して、雄琴はもっと新しい歴史を持つ街なのです。
そして、そんな雄琴の「ソープの町」は、同時にその近くにある「温泉の町」もセットで楽しめるエリアとなっています。雄琴で高級ソープの遊びを楽しんだあと、「雄琴温泉」を堪能することができる、あるいは逆に温泉い入ったあとで高級ソープの遊びを楽しめる……そんなエリアなのです。
そもそも高級ソープにしろ大衆ソープにしろ、古来「お風呂のサービス」が楽しめるという風俗店なので、雄琴は温泉と高級ソープと、二重に「お風呂」を楽しめるエリアとなっています。
というわけで、たとえば家族で雄琴を訪れる温泉旅行の中、お父さんひとりで「このへんに学生時代の友達が住んでるんだ。ちょっと行ってくるね」などといって高級ソープへ……うまくいけば、そのような遊びも楽しむことができるでしょう。
ちなみに、琵琶湖の湖畔というと「だいぶ遠い」というイメージがあるかもしれませんが、交通の便は意外とよく、関西の主要都市の大阪や京都(この二つの都市には条例によってソープがありません)からも気軽に行くことができる「ソープ旅行」のスポットになっています。